群馬県前橋市 K様邸 屋根塗装(フッ素塗料)・板金工事

  • 施工前
  • 施工後
  • お住まい群馬県 前橋市
  • 施工内容 屋根塗装
  • 使用塗料屋根:ファイン4Fベスト

お客様の声

営業の林くん、お世話になりました!

塗装の黒沢くん、いろいろとありがとうございました!

予想よりも費用が掛かってしまったこと、足場の組み立てから撤去までの日数が長かったことは残念でしたが、職人さん達の仕事は丁寧で良かったと思います。

担当からのコメント

築年数約24年。

前回の塗装工事は約10年前に行い、屋根をずっと気になっていたとご相談を頂きましたので、無料点検をさせていただきました。

 

※施工前点検

全体的に色褪せ、コロニアル屋根の一部はヒビが入っています。

 

ケラバの釘が浮いて多少変形しています。

 

 

改めてドローンにて点検もいたしました。

棟板金の歪みが顕著にみられました。

棟板金とは向かい合う屋根と屋根が合わさる一番高いところ、ちょうど山状に接合する部分を『棟(むね)』と呼び、その棟の上に被せられている山状の金属の板を棟板金(むねばんきん)と呼びます。棟板金は、その下にある貫板(芯木)に釘で固定されており、雨水の屋根内部への雨水の侵入を防く役割があります。

釘が浮き緩みが発生すると、屋根と棟板金の間に隙間が発生し、風による影響をより受け易くなったり、
釘が浮くことで、浮いた釘を伝い雨水が板金の中へと侵入し、棟板金を固定している貫板が腐ることで、雨漏りの原因にもなります。

 

今回は屋根塗装・板金工事をご提案させていただきました。

 

※施工中の様子

◇仮設足場設営(3/15)

作業の安全確保や、的確な施工の為に足場を設営します。

また、洗浄水・ホコリ・塗料の飛散防止の為にメッシュネットで覆います。

 

◇高圧洗浄(3/16)

屋根に付着している汚れやコケ、古い塗膜を洗い落とします。

塗装を行う前の下処理の一つで、きちんと汚れなどを落とさないと塗り替え後の「ふくれ」や「剥がれ」に繋がってしまいます。

 

◇屋根塗装工事(3/24~3/25)

屋根塗装の際には棟などの鉄部にはさび止めを塗布し、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗膜を重ねていきます。下塗り塗料は外壁材と中塗り上塗りで使用する塗料の密着を高める為に必ず使用します。

使用した塗料は株式会社日本ペイントの「ファイン4Fベスト」のダークチョコレートです。

 

◇付帯部塗装工事(3/26~4/2)

外壁塗装や屋根塗装を行う際に、同時に他の部分にも塗装する事を付帯塗装と言います。

主な付帯部は破風・軒天・雨戸・戸袋・雨樋などです。

 

※完成確認引渡日(4/2)

色褪せていた屋根が落ち着いたブラウンになり、戸袋などの付帯部のグリーンが映える仕上がりになりました。

今回使用したファイン4Fセラミックは塩素を含まない弱溶剤4フッ化フッ素樹脂塗料です。高耐候性・耐汚染性・透湿性に優れている塗料です。また、バイオ技術によって藻・カビの発生を防ぎます。

お住まいの気になる点がありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

現在、正社員の営業スタッフ・塗装職人を募集しております。

また、協力業者様も募集しております。

詳細はこちらから


よろしければシェアお願いします

2022年5月に投稿したカナリアペイントの記事一覧

この記事のトラックバックURL

カナリアペイント 営業エリア

埼玉・群馬・栃木エリアを中心に承っております。詳しくは営業エリアをご確認ください。

PAGE TOP