軒天の劣化

軒天とは、外壁から外側に出ている屋根の真下にある天井部分のことです。軒裏、軒天井とも呼ばれています。

軒天は、普段気にかけにくい部分ではありますが、雨風が外壁・屋根に直接当たらないよう雨除けの効果、日差しと湿気からの保護、野地板や垂木と言った屋根裏部分を隠す役割、火災が発生した際に屋根裏への燃え移りを防ぐ延焼防止など、様々なメリットがあります。

 

◆軒天の劣化

1.汚れ・色あせ

紫外線の影響は受けにくい部分ですが、経年によって汚れが付着したり変色することがあります。

 

 

2.剥がれ

合板に良くみられるのが塗膜の剥がれや破れです。

雨風の影響などで強度が落ちている状態です。


 

 

3.カビ・コケ・藻

雨水や結露によって湿気が起きやすい状態です。

通気がうまくいかず、外側から見えない部分のカビや雨漏りの可能性もあります。


 

 

4.しみ

結露によるシミの場合もありますが、雨漏りしている可能性が見られます。

屋根やベランダの排水がうまくいかず、水分が溜まってしまい、雨染みとして残っている状態です。


 

 

5.

外壁の劣化、気象の影響、雨漏りや結露によって腐食し、穴があいてしまうことがあります。

この状態は雨水の侵入、動物が入り込み巣を作ることもあります。


 

軒天には様々な劣化サインがあり、傷み具合によってお住まいに及ぼす影響と、必要な修理が異なります。

 

 


よろしければシェアお願いします

2019年3月に投稿したカナリアペイントの記事一覧

この記事のトラックバックURL

カナリアペイント 営業エリア

埼玉県を中心に承っております。詳しくは営業エリアをご確認ください。

PAGE TOP