台風対策ポイント

夏も終わりに近づき、秋を迎えようとしていますが、秋といえば台風の季節でもあります。

さらに近年は気温上昇や異常気象によって台風が増えてきています。


みなさんのお宅は台風対策は万全ですか?

防災対策は一度被害を受けて、はじめて意識が生まれるのかもわかりません。


しかし、一度被害を受けてからでは時すでに遅しです。

今回はそんな台風対策について、住宅屋外を中心に事前に済ませておきたいポイントを紹介していきます。

 

熊谷 屋根

 

① 屋根

台風で気を付けるべき点のひとつは「屋根」です。
屋根が飛んでしまったといった被害も有名かと思います。

そうした屋根の被害を防ぐためには、普段から屋根の十分なメンテナンスを心掛けてください。

例えば瓦屋根の場合、ひび割れに気を付けることです。
ひび割れを放置しておくと雨漏りや、隙間から風が入り込んで瓦が飛ばされてしまいます。

瓦屋根でない場合も、雨風による破損、飛来の危険性があります。事前にチェック、屋根のずれや割れには十分ご注意ください。

 

② ベランダ

ベランダに置かれている植木鉢や物干し竿、アンテナなどの強風で飛来しそうなものは、家の中に移すなどして注意を払いましょう。その時に、排水溝のごみや落葉のチェックもお忘れなく。

 

③ 窓

強風で飛ばされた飛来物で、窓ガラスが割れてしまう危険性があります。風が強くなる前にガタツキ・歪みがないかの確認、

雨戸やシャッターをしめるなどの対策を講じたうえ、風が強まってきている間は、なるべく窓から離れて過ごしましょう。

 

 

④ 雨戸・雨樋

雨戸や雨樋に関しては、窓ガラスよりも対策がおろそかになりがちです。

台風が来る前に雨戸のガタツキ・簡単に外れないか確認、雨樋に落ち葉が詰まっていないかを確認するようにして下さい。

 

⑤ 外壁

外壁のひび割れにも注意しましょう。おろそかにしていると浸水のおそれがあるため、事前に確認しておくことが重要になります。

具体的には、モルタルの壁の場合は亀裂がないか。木造ですと板壁が腐ってないか。

サイディングの場合は継ぎ目のゴムの部分、シーリングが割けがないかなど。

 

⑥ 危険物

プロパンガスなど外に置いてある危険物、植木鉢や園芸用品など、飛来しそうな物にも注意が必要です。

そうしたものを台風が来る前に一通り確認しておき、可能ならば室内に入れるという事も行いましょう。

 

⑦ 庭の対策

台風には大雨がつきもの。そこで、玄関付近には浸水を防ぐべく、土嚢などを設置しておくこともオススメです。

土嚢は必ずしもお店で販売しているものでは無く、ごみ袋の半分まで水を入れて土嚢代わりにするとお手軽です。

 

 

熊谷 リフォーム

台風対策で重要なこと ~まとめ~

台風対策で何よりも大事なことは「事前に対策を講じておくこと」。

起きる前にどう準備しておくかによって被害は最小限に抑えることができます。
“備えあれば憂いなし”です。


いざ起きたときのために事前に予備知識を蓄え、対策をしておきましょう。

 

 

お住まいに不安のある方は、カナリアペイントの無料点検をご依頼ください☆

 


よろしければシェアお願いします

2019年8月に投稿したカナリアペイントの記事一覧

この記事のトラックバックURL

カナリアペイント 営業エリア

埼玉・群馬・栃木エリアを中心に承っております。詳しくは営業エリアをご確認ください。

PAGE TOP