外壁塗装の色選び

外壁塗装を行う際に、重要な事の1つに色選びがあります。

同じデザインの家でも塗装色によって印象は大きく左右され、特に外壁は、お住まいの第一印象を決める大きな要素となります。せっかく塗装をするなら「イメージを変えたい!」「失敗したくない!」と悩む方も多いことかと思います。

今回は、実際の施工例も併せて色の選び方などを見ていきましょう。

 

◆色を選ぶ方法

1.周辺環境とのバランス

まずは、外に出て街並みを観察してみましょう。近隣の住宅や景色と調和させるのか、目立たせるのか方向性を決めましょう。

しかし、あまりにも鮮やかすぎる色は、悪目立ちしてしまったり、美しい街並みの景観を損ねてしまう可能性があるため、注意が必要です。調和を優先した色を選ぶことで、大きな失敗はしにくくなります。

 

2.近隣の建物を参考に

住宅街や住宅展示場などで、様々な建物の外壁や屋根を見てみましょう。

屋根色・外壁色の組み合わせや、サッシやドアとのコーディネートなどは色選びの参考になり、好みの色を見つけることも可能です。

しかし、あまり時間が取れなかったり、近隣に気に入った配色が見つからない場合もあるかもしれません。そのような時は、インターネットや施工事例の写真などをチェックしてみましょう。

 

4.イメージの言語化

色を決める方法の一つとして、イメージを言語化してから探す方法があります。

例えば「シンプルにしたい」「可愛らしい家にしたい」など、外壁に望むイメージを言語化し、当てはまる色を選んでいきます。参考までに幾つかの単語と色を紹介していきます。

シンプル…寒色系、グレー、ブラック、ホワイトなど。

ナチュラル…明るめのブラウン系、ベージュ、グリーン系、自然を連想させたり気分を和ませるような落ち着いた色など。

ロマンチック…淡いピンクやベージュ、パステル系など、淡く・明るく・柔らかい色など。

施工後

シック…ブラックやグレー、発色を押さえた寒色系の色など。

施工後

ゴージャス…高級感のある暗めの暖色、ワインレッドなど。

カジュアル…明度の高いオレンジやイエロー、明るいグリーン、鮮やかな暖色系の色、原色に近く発色の強い色など。

深谷市 外壁塗装

もちろん、これらの色を必ず選ばなければならないわけではありません。屋根の色と組み合わせて考えたり、アクセントとして全く違う系統の色を入れるのも良いでしょう。

 

5.基本カラーで選ぶ

各塗料メーカーの塗料ごとに、基本色と言うものが設定されています。

基本色は、実績のある人気色を中心に設定されています。その中から選ぶことによって失敗のリスクが減るため、おススメです。

また、数年後に小さな補修(タッチアップ)をしたいと思った際に、カタログから選んでおくとすぐに色を指定することが出来ます。

もちろん好みの問題や「更にこだわりたい!」と言う方は、日本塗装工業会発行の色見本帳から選ぶことも可能です。しかし、原色などの一般住宅には適さない色も掲載されているため、注意が必要です。

 

色の見え方に注意

蛍光灯の下と太陽光では色の見え方が異なります。朝・昼・夜、日向・日陰、天気などにもよって色の見え方は異なってくるため、時間ごとに確認してみましょう。

面積の大小により見え方が変わる、面積効果にも注意が必要です。

また、屋根やサッシなどの色にもよって印象は異なってしまうため、全体のバランスなども考慮し、理想の外壁塗装を実現させましょう。

 


よろしければシェアお願いします

2019年11月に投稿したカナリアペイントの記事一覧

この記事のトラックバックURL

カナリアペイント 営業エリア

埼玉・群馬・栃木エリアを中心に承っております。詳しくは営業エリアをご確認ください。

PAGE TOP