群馬県前橋市 N様邸 外壁塗装(ラジカル塗料)・屋根瓦漆喰改修工事

  • 施工前
  • 施工後施工後
  • お住まい群馬県 前橋市
  • 施工内容 外壁塗装屋根修理
  • 使用塗料外壁:スーパーセランフレックス

お客様の声

きれいな仕上がりで大変満足しています。

林さんの対応は本当に良かったです。

担当からのコメント

築年数約15年。

外壁材のALCパネルに欠けが見られ、気にされていたもののどうすれば良いのか迷われていたと仰っていました。

まずは無料点検をさせていただきました。

 

※施工前点検

ALCパネルが物が当たってしまったのか、列のように欠けて落ちてしまっています。

 

コーキング上の表面塗膜がヒビ割れています。

ALCパネルは多孔構造なので、防水性が期待できません。また、内部に小さな穴が無数に空いている為、保護する塗膜が劣化すると水が侵入し、スポンジのように水を吸収してしまいます。

 

軒天井に雨染みが出来てしまい、端が脆くなっています。

 

屋根は仮設足場設営後に点検いたしました。

棟部分に施工されている漆喰が劣化してヒビ割れがおき、釘も浮いてしまっています。

屋根瓦の漆喰の役割は、屋根の棟と瓦の隙間を埋める事で、瓦の下にある葺き土と呼ばれる粘土の層を守っています。漆喰には、防水効果に加えて接着機能があるため瓦を接着させる役割があります。漆喰は15年~20年が寿命です。劣化が進むとひび割れが入りやすくなり、ボロボロと剥がれ落ちていきます。そこから雨水が侵入してしまうため、早い段階での補修が必要です。

 

今回は外壁塗装工事・屋根瓦漆喰改修工事をご提案させていただきました。

 

※施工中の様子

◇仮設足場設営(6/2)

作業の安全確保や、的確な施工の為に足場を設営します。

また、洗浄水・ホコリ・塗料の飛散防止の為にメッシュネットで覆います。

 

◇高圧洗浄(6/4)

外壁に付着している汚れやコケ、古い塗膜を洗い落とします。

塗装を行う前の下処理の一つで、きちんと汚れなどを落とさないと塗り替え後の「ふくれ」や「剥がれ」に繋がってしまいます。

 

◇コーキング(6/7~6/8)

外壁などに行われるコーキングはゴムのような素材で、外壁材同士に出来る隙間を埋めるために充填材を入れることを言います。コーキングは外壁材だけではなく、浴槽と壁の隙間やキッチンと壁の隙間などの水回りにも使用されています。補修には打ち替え・増し打ちという方法があり、打ち替えでは一度古いコーキングを撤去して新しいコーキング材を充填します。打ち替えでは既存の外壁コーキングをそのままに、上から新しいコーキング材を充填する事を言います。

今回はALC外壁材でしたので、増し打ちの方法にて施工しました。

 

◇養生作業(6/9)

窓などの塗装しない部分や、塗料がついてはいけない箇所にマスキングテープやビニールシート、マスカーと呼ばれるマスキングテープとフィルムが一体化したものを使用して覆います。

 

◇外壁塗装(6/10~6/12)

外壁塗装に使用した塗料はダイフレックスの「スーパーセランフレックス」のSTL-03とACT-02です。外壁塗装は下塗り・中塗り・上塗りと3回塗膜を重ねていきます。下塗り塗料は外壁材と中塗り上塗りで使用する塗料の密着を高める為に必ず使用します。

 

◇屋根瓦漆喰改修工事(6/10~6/13)

既存の漆喰の撤去と瓦のズレの補正を行います。古くなった漆喰を撤去し、清掃を行ってから新しい漆喰を詰めていきます。

 

◇付帯部塗装工事(6/9~6/14)

外壁塗装や屋根塗装を行う際に、同時に他の部分にも塗装する事を付帯塗装と言います。

主な付帯部は破風・軒天・雨戸・戸袋・雨樋などです。

 

※完成確認引渡日(6/22)

 

 

 

くすみカラーのローズドラジェから、クールな雰囲気のシルバーグレーとネイビーグレーに仕上がりました。

今回使用したスーパーセランフレックスは変性無機塗料の持つ、耐候性を長期にわたり維持、保護する塗料です。柔軟性に優れた塗膜によってシーリング上に施工した場合のひび割れリスクも軽減します。

お住まいの気になる点がありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

現在、正社員の営業スタッフ・塗装職人を募集しております。

また、協力業者様も募集しております。

詳細はこちらから


よろしければシェアお願いします

2022年7月に投稿したカナリアペイントの記事一覧

この記事のトラックバックURL

カナリアペイント 営業エリア

埼玉・群馬・栃木エリアを中心に承っております。詳しくは営業エリアをご確認ください。

PAGE TOP